屋形船が賑わう時期は?

屋形船を満喫しよう!

屋形船が賑わう時期は?

屋形船が賑わう時期は? 今やどんなシーズンでも人気のある屋形船ですが、特に混み合う時期などはあるのでしょうか。
予約をするとしたら、どのぐらい前から行えば良いのでしょう。
多くの屋形船が旋回しているのを見ることができるのは、主に船上から優雅にお花見を楽しめる春のシーズンになります。
お花見は全国的にも3月末から4月初めになりますので、ちょうど新年会とも重なり、一番の繁忙期になります。
次に、夏の花火の季節が多く込み合います。
暑い日差しや人ごみを避けて、涼しい船上から、ゆったりと見ることができるので人気があります。
例年日程がほとんど決まっている場合が多いので、早くから予約などが埋まってしまいますので、早めに予約をしましょう。
続いて、年末の忘年会ですが、大きな企業であれば貸し切りにもできますし、少人数でも他の客と相席で宴会を行うこともできます。
混み合うシーズンではありますが、人数の調整などでキャンセルがでやすいというのもありますので、直前の場合でも問い合わせてみてください。

日常と非日常の間で宴会を楽しめるのが屋形船の魅力

日常と非日常の間で宴会を楽しめるのが屋形船の魅力 社会人にとって仕事は日常の大半を占めています。
そして、忘年会や歓送迎会など職場を離れた場所で同僚や上司と飲みに行く事もあるでしょう。
もちろん職場の宴会だけでなく、友人と飲みに行く事もあります。
また、合コンや趣味のオフ会などに参加する人もいます。
このように、成人すると色んなシーンでお酒を飲む機会があり、その多くは居酒屋やバーなどで行われていますが、例え趣味のオフ会であったとしても、そこはやはり日常と繋がっているといえます。
それは人間は地に足をつけて生活しているからで、職場もバーも地上だからといえます。
では、屋形船での宴会はどうでしょう。
どこか普段の宴会と違うと感じる人も多いのではないでしょうか。
屋形船の宴会が職場関係であっても、屋形船は人間が生きる事の出来ない水の上を浮いているわけです。
生きる事のできない場所なわけですから、そこは非日常といえます。
そんな屋形船の魅力は、日常の延長の宴会や飲み会を非日常の水の上で行う事と言っても過言ではないかもしれません。