屋形船ならではの楽しみ方

屋形船を満喫しよう!

屋形船ならではの楽しみ方

屋形船ならではの楽しみ方 屋形船は、日本の情緒と風流が感じられると、幅広い年齢の男女に人気になっています。
気の合った仲間と、美味しいお酒や料理を味わいながら、川や海から景色を眺める時間は、今まで感じたことのない、特別な時間になることでしょう。
屋形船は、ゆったりとくつろげるスペースが用意されているので、宴会などをおこなうのにも適しています。
芸者さんが一緒に乗船することもあり、小粋なお座敷遊びを楽しむこともできます。
最近は、気楽な飲み会の場としても、利用する人も増えてきており、とくに花火大会やクリスマス、花見のシーズンなどでは人気になっています。
屋形船は、団体でなければ予約できないのではないか、と思っている人も多いかもしれませんが、2名から予約を受け付けているところもたくさんあるので、少人数でも気楽に利用してみるといいでしょう。
日常とは違う、屋形船ならではの穏やかな時間の流れを感じることができるので、経験したことのない人にもとてもおすすめです。

屋形船で写真を撮るときの注意点

屋形船で写真を撮るときの注意点 隠れた名所として人気が高まっているのが、屋形船による周航です。視点が水平線に近く、川岸や海辺に生える木々が間近に迫りますので、桜などを写真に収める人も少なくありません。
ただ、安定して航行するとはいえ船の上である以上、多少の揺れは免れません。屋形船にカメラを持ち込むのであれば、陸上とは違う撮影方法を考慮するべきです。まずはスマートフォンやデジタルカメラは、手ぶれ補正がしっかり利く機種を選びましょう。これならば、たとえ初心者でもある程度のクオリティが維持できます。その上で撮影者自身の揺れを抑えるため、両肘を窓際や船縁に乗せ、カメラを持つ手を固定することが大切です。
これらの方法を併用すれば、写真のブレを大きく抑制することができます。もちろん撮影機が落下してはなんにもなりません。紐を繋げて首からさげるか、ストラップを服に装着するなど、事前の対策は必須です。屋形船からの光景を写真というかたちで、長く残していきましょう。