食事がより美味しく感じる!

屋形船を満喫しよう!

食事がより美味しく感じる!

食事がより美味しく感じる! 平安時代から歴史があるといわれている屋形船。当時は貴族など一部の人々の娯楽として楽しまれていましたが、江戸時代からは、現代のように一般の人に浸透し楽しめるようになったといわれています。

屋形船の大きな魅力は、美味しい食事にあります。それぞれの季節の美しい風景と、旬の食材を使ったお料理。船上という非日常の時間と空間の中では、こだわりの料理がより一層美味しく感じられるものです。

春のお花見、生き生きと美しい新緑、伝統ある花火、澄んだ空気の中でのイルミネーションなど。季節ごとの特別な風景の中で、船の上というシチュエーションでお料理を味わうことは、心が満たされる特別な体験。水上からの風景という幻想的な場面でのお食事は、心に刻まれる素敵な思い出になるでしょう。

日常の喧噪を忘れて、屋形船での特別な時間。日本文化を心ゆくまで感じられる伝統ある空間と美しい風景の中で、いつもより美味しいお料理を味わう贅沢を体験することができます。

屋形船の衛生基準

屋形船の衛生基準 屋形船はクルージングを楽しむだけでなく、船内で食事を楽しむことが出来る魅力を持ちます。特に、宴会などで利用した時には江戸前のネタを使った天ぷらや鮨などを楽しめる、飲み放題のプランを利用すれば好きなだけお酒を飲むことが出来るなどの魅力を持っています。鮨やお刺身などは生の食材を使うもの、天ぷらも生の食材を屋形船の中に設けられた調理場で揚げてからテーブルに運ばれるなどの特徴があるわけですが、衛生基準がどのようになっているのか気になる人も多いのではないでしょうか。

一般的な飲食店であれば保健所の検査を受けて認定が行われて初めてお店で料理を行い、お客さんに料理をふるまうことが出来るわけです。東京都内などでは飲食店および喫茶店営業の屋外客席に関する要綱の中で客席を設ける場合の基準を定めていますが、臨時営業や引き車、自動車などによる移動営業や天ぷら船、屋形船や自動販売機による営業は除外されているなどの特徴を持ちます。